プロ野球を日々観戦していると成績不振や怪我によって、出場選手登録や登録抹消でベンチ入りのメンバーが入れ替わりますよね。

そこで気になるのが、

「1軍登録のベンチ入りは何人までできるの?」

「出場選手登録や登録抹消ってなに?」

といったことではないでしょうか。

今回は、プロ野球の1軍でベンチ入りできる最大人数や、出場選手登録、登録抹消、外国人枠について解説します。

プロ野球の試合でベンチ入りできる人数

プロ野球ベンチ入りメンバーの人数

プロ野球の試合でベンチ入りできる人数は最大25人まで。

出場選手登録は最大29人までですが、ベンチ入りメンバーの人数は最大25人までとなっています。

ベンチ入りメンバーの中から毎試合、スタメン(スターティングメンバー)が決まります。
また、ベンチ入りメンバーの中で投手・野手の何人までといった制限は設けれられていませんが、大体が投手9〜10人、野手15〜16人で登録されているようです。

この1軍のメンバーは、出場選手登録、登録抹消によって入れ替わります。

出場選手登録とは

出場選手登録

出場選手登録とは、2軍の選手が1軍の選手として登録されることです。

2019年より出場選手登録の人数が1人増え、いままで28人まで登録だったのが、29人までの登録が可能になりました。いままでよりも起用の幅が広がりそうですね。

通常は登板予定のない先発投手が、ベンチ入りメンバーからは外されます。

ベンチ入りしている25人までのメンバーで、1試合を戦うということになります!

登録抹消とは

登録抹消とは、出場選手登録とは反対に、1軍にいる選手で成績不振や怪我による影響で2軍に降格することです。

登録抹消をされた選手は、最低10日間は1軍に出場選手登録をすることができません。

各球団の登録抹消や出場選手登録されている選手の一覧の情報はNPBの公式サイトから確認できます。

外国人枠について

プロ野球の出場選手登録には、外国人選手の登録について「外国人枠」というものがあります。

外国人選手との契約人数に決まりはありませんが、1軍のベンチメンバーに登録できる人数には制限があります。

プロ野球の出場選手登録には、外国人が登録できる人数の制限があります。

投手と野手を合わせて最大4人までの外国人選手の登録が可能で、投手のみ4人や野手のみ4人といった登録の仕方はできません。

なので、実際に外国人選手を最大4人まで登録するとなると、以下の3パターンになります。

パターン投手野手
パターン12人2人
パターン21人3人
パターン33人1人

また、一定の条件を満たすと外国人枠から外れ、日本人選手扱いとなり、外国人枠からは外れることになります。

外国人枠から外れる条件

  • FA権を取得した選手
    プロ野球でFA(フリーセージェント)権を取得した選手はFA権取得の翌年から日本人選手扱いとなります。
    FA(フリーエージェント)とは?FA宣言や補償制度について解説
  • 日本の学校に在学していた
    日本の学校(中学校、高校、短期大学、専門学校)等に3年以上在籍することで外国人ではなく、日本人選手としての扱いとなります。
  • 日本の大学に在学していた
    日本の大学に4年以上継続して在学することで日本人選手扱いとなります。
  • 日本住居、社会人チームに在籍
    日本に5年以上住居し、社会人の野球チームに3年以上在籍することで日本人選手扱いとなります。
  • 日本に帰化
    日本に帰化することで日本人選手扱いとなります。