プロ野球では、1年間の間にオープン戦、公式戦(ペナントレース)、オールスター、クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズと多くの試合があります。

そこで気になるのが
「それぞれの試合数って何試合あるの?」
「その試合の開催時期は?」
といったことではないでしょうか。

このページでは、それぞれの試合数と開催時期、今年の詳しい開催日程について紹介します。

公式戦の試合数と開催時期

  • 1
  • 2
  • 3
    公式戦143試合
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

プロ野球の公式戦の試合数は、1年間に143試合行われます。

公式戦は3月末頃から9月末頃まで行われ、この期間をペナントレースとも呼びます。

普段は試合をすることがない、セリーグとパリーグのチームが試合を行う「交流戦」も公式戦に含まれます。

オープン戦の試合数と開催時期

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

プロ野球のオープン戦は、公式戦が開幕される前に行われる、選手の最終調整試合という位置付けです。

オープン戦の成績は、公式戦の順位には反映されません。

だいたい、2月末〜3月末の間で行われています。

試合数については球団ごとに異なりますが、各球団およそ10試合〜20試合ぐらいの試合数を行なっています。

オールスターゲームの試合数と開催時期

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

オールスターゲームは、「セリーグの選抜選手」vs「パリーグの選抜選手」で戦う試合です。

各リーグ、ファン投票による人気の選手や、監督推薦の選手などの選抜選手で戦う、プロ野球のお祭りのような試合です。

7月中旬ごろに2〜3試合行われており、開催される球場は毎年異なります。

クライマックスシリーズ(CS)の試合数と開催時期

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

クライマックスシリーズ(CS)は、セリーグ、パリーグの両リーグで、公式戦の上位3球団が日本シリーズ進出をかけて戦う試合です。

ファーストステージとファイナルステージの2段階に分かれており、ファーストステージは各リーグの2位と3位の球団で3試合が予定されており、先に2勝した球団が勝ち上がり、ファイナルステージに進むことができます。

ファイナルステージは、リーグ1位の球団とファーストステージで勝ち上がった球団との試合が6試合予定されています。
リーグ1位の球団にアドバンテージで1勝が与えられ、先に4勝した球団が日本シリーズに進むことができます。

クライマックスシリーズは、公式戦の全日程が終了した、10月から始まります。

2019年のクライマックスシリーズは、セリーグ、パリーグ共に10月5日(土)〜10月14日(月)の日程で予定されています。

以下の別ページで、クライマックスシリーズの日程について詳しく紹介しています。
ぜひご覧になってください。

クライマックスシリーズ関連の記事

日本シリーズの試合数と開催時期

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

日本シリーズは、プロ野球の日本一のチームを決める試合で、CSで勝ち上がってきたセリーグの優勝チームとパリーグの優勝チームが戦います。

日本シリーズは、CSが終了してから行われるので、10月後半頃から始まります。

全7試合予定されており、先に4勝したチームが、日本一の優勝チームになります。

2019年の日本シリーズは、10月19日(土)〜10月27日(日)の日程で予定されています。

以下の別ページで、日本シリーズの日程について詳しく紹介しています。
ぜひご覧になってください。

日本シリーズ関連の記事