プロ野球中継を見ていると、投手の役割である、「先発」「中継ぎ」「抑え」と言った言葉を耳にしますよね。

そんな中で、筆者自身もこの専門用語の意味がわからずに、調べた経験があります。

同じように「野球の基礎がわからない」と感じている方も多いのではないでしょうか。

また、ややこしい事に「リリーフ」や「セットアッパー」など横文字のワードも出てきますよね…

そこでこのページでは、投手の役割についての基本情報を解説します。

投手の役割3つに分かれる

投手の役割は、大きく分けて3つあります。

  1. 先発
  2. 中継ぎ
    ・ロングリリーフ
    ・ワンポイント
    ・セットアッパー
  3. 抑え(クローザー)

※中継ぎと抑えを総称して「リリーフ」と呼びます

次からは、それぞれの投手の役割について解説していきます。

プロ野球の先発投手とは?

先発投手とは、試合開始時にスターティングメンバーとして、最初に投球する投手のことをいいます。

先発投手が勝利投手になる権利を得る為には、最低5イニング投げる必要があることから、一般的に長いイニングを投げることが求められます。

また、先発投手は長いイニングを投げることから、中6日など決まったローテーションで登板をします。

先発投手の優秀さを示す数字として、勝数という成績の指標があります。

関連する投手タイトル

  • 最多勝利投手賞
  • 最優秀防御率投手賞

プロ野球の中継ぎ投手とは?

先発投手の後を任された投手を総称して、中継ぎといいます。

先発投手がある程度決められたローテーションで投げるのに対して、中継ぎ投手の登板は不規則で、いつ出番が回ってくるかはわかりません。

投手がマウンドに上がる前にはブルペンでの投げ込みが必要で、試合展開に合わせて肩を調整します。

先発ほど長いイニングを投げることはありませんが、先発投手とは違い連日投球する可能性もあります。

中継ぎ投手の優秀さを示す数字は、ホールドという成績の指標があります。

関連する投手タイトル

  • 最優秀中継ぎ投手

次からは、中継ぎ投手の「ロングリリーフ」「ワンポイント」「セットアッパー」について解説していきます。

ロングリリーフ

ロングリリーフとは、長いイニングを投げる中継ぎ投手のことです。

先発投手が早い段階で大量失点したり、ケガ、危険球退場などのトラブルで降板した時に投げる投手です。

また、先発ローテーションの谷間などで投手がいない時に投げることもあります。

比較的早い回から登板して、長いイニングを投げることから、先発に近い役割なのでスタミナのある投手が担うことが多いです。

ロングリリーフをできる選手が、ベンチに1人いてくれると心強いです。

ワンポイント

ワンポイントとは、打者1人だけを打ち取る為に登板する投手のことです。

2020年シーズンから、メジャーリーグではワンポイントが禁止になりました。

禁止となった理由は、試合時間の短縮の為です。

投手交代をするたびに、投球練習を行うため時間がかかります。試合の長時間化を防止する観点から、ワンポイントでのリリーフを禁じたということです。

今後は、日本でも「ワンポイントの禁止」が検討されるかもしれません。

セットアッパー

セットアッパーは、勝っている試合や、同点の場面など接戦のときに登板する中継ぎ投手のことです。

中継ぎエースと呼ばれることもあります。

自チームのリードを保ったまま、抑え投手(クローザー)に繋げる役割があります。

主に、8回など絶対に点を与えられない場面に登板することが多いため、抑え投手と同様に、責任の大きいタイミングでの登板となります。

その他にも…

「敗戦処理」と呼ばれる役割もあります。
敗色濃厚なワンサイドゲームで、他の投手の負担を軽くするために投げる投手のことです。

プロ野球の抑え投手とは?

抑え投手(クローザー)とは、勝っている試合で最後に投げる投手のことです。

主に9回の1イニングを投げ、相手に追いつかれずに試合を終わらせる役割があります。

「ストッパー」や「守護神」、「クローザー」と呼ばれることもあります。

抑え投手の優秀さを示す数字は、セーブという成績の指標があります。

関連する投手タイトル

  • 最多セーブ投手賞

関連記事:NPBアワードをネット、テレビで視聴する方法・放送予定

まとめ

プロ野球の「投手分業制」は、近年徐々に進んできました。

以前のプロ野球では、先発投手は完投して当たり前の時代で、それに伴って投手の肩や肘が故障したり、選手生命が短かったりということが多かったです。

現在は、それだけ細かく投手を起用して、1試合1試合全力で勝ちを目指すプロ野球の試合は、観ていて本当におもしろいです。

投手の役割にも注目しながら、プロ野球観戦を楽しみましょう!