毎年発売されている選手名鑑ですが「種類が多すぎてどれを選んだらいいかわからない」ですよね。

そこで今回は、2019年に発売された選手名鑑10冊を購入し、筆者が選ぶオススメの選手名鑑と、それ以外の選手名鑑の特徴を紹介します。

今回紹介する選手名鑑は、以下の10冊です。

  1. 12球団全選手カラー百科名鑑2019
  2. スポニチプロ野球選手名鑑 2019
  3. プロ野球12球団全選手完全名鑑 2019
  4. プロ野球全12球団選手名鑑2019
  5. プロ野球カラー名鑑2019
  6. プロ野球オール写真選手名鑑 2019
  7. 2019プロ野球選手写真名鑑
  8. 2019プロ野球全選手カラー写真名鑑&パーフェクト DATA BOOK
  9. 2019 プロ野球全選手カラー写真名鑑号
  10. 2019球界マネー事情 & 12球団新加入選手カラー写真名鑑
  • 1

    12球団全選手カラー百科名鑑2019

  • 2

    スポニチプロ野球選手名鑑 2019

  • 3

    プロ野球12球団全選手完全名鑑 2019

  • 4

    プロ野球全12球団選手名鑑2019

  • 5

    プロ野球カラー名鑑2019

  • 6

    プロ野球オール写真選手名鑑 2019

  • 7

    2019プロ野球選手写真名鑑

  • 8

    2019プロ野球全選手カラー写真名鑑&パーフェクト DATA BOOK

  • 9

    2019 プロ野球全選手カラー写真名鑑号

  • 10

    2019球界マネー事情 & 12球団新加入選手カラー写真名鑑

上記10冊の選手名鑑を実際に読んでみて、

  • データでじっくりと選手のことを知りたい人
  • 試合観戦をしながら球場で見たい人

に分けて、それぞれオススメの1冊を紹介していきます。

「データでじっくりと選手のことを知りたい人」にオススメの選手名鑑

セイバーメトリクスなどのデータで、チームや選手のことをもっと詳しく知りたい人には、データ量が豊富な「Slugger特別編集」の選手名鑑がオススメです。

データで選ぶならこの1冊です!
本のサイズが大きいため、自宅でじっくりと読みたい選手名鑑です。

チームのデータでは「ポジション別得失点貢献」や「パワーチェック」、選手個人のデータでは「投球割合」や「ゾーン別データ」など、詳しいデータでチームや選手の事をさらに知ることができます。

また、データ野球には欠かせない「セイバーメトリクス指標」や「WAR」についての解説もあり、データ野球入門としてもオススメの1冊です!

情報が多いと見辛くなりそうですが、写真の大きさや文字のサイズ感、色使いなどで見やすくなっています。

欠点は、個人のデータが掲載されているのが主力選手のみなので、主力組とその他で掲載順が分かれており、少し見づらいなと思いました。

自宅でこの選手名鑑を片手に、データをみながらの野球観戦もおもしろそうですね!

Point!

  • データ量が豊富
  • データ野球入門にもオススメ
  • 情報が多いけど見やすい

「試合観戦をしながら球場で見たい人」にオススメの選手名鑑

試合観戦をしながら球場で選手名鑑を見たい場合には、持ち運びに便利なポケットサイズの選手名鑑がオススメです。

今回オススメする、持ち運びに便利な選手名鑑がこちら!

今回の10冊の中にも全部で4冊のポケットサイズの選手名鑑がありましたが、「プロ野球カラー名鑑2019」を持ち運びにオススメの選手名鑑として選びました!

ポケットサイズの選手名鑑の中では、顔写真も文字も大きめで、実際に試合観戦をしながらでも選手の情報が見やすい1冊だと思います。

2019年公式戦の日程や、2018年度のチーム対戦成績・個人成績のデータなど、必要最低限のことは掲載されています。

他のポケットサイズの選手名鑑と比べると、ページがめくりやすい点もオススメとして選んだポイントになりました!

Point!

  • ポケットサイズで持ち運びしやすい
  • 選手情報が見やすい
  • ページがめくりやすい

その他の選手名鑑を紹介

オススメで紹介した選手名鑑以外についても、どのような選手名鑑なのか紹介していきます。

12球団全選手カラー百科名鑑2019

少し大きいサイズの選手名鑑です。

選手の情報が黒文字のみで書かれていて、情報の強弱がなく、選手情報は見辛いなという印象でした。

解説者の紹介があり、顔写真や現役時代の情報なども掲載されています。

チームごとの応援歌も掲載されていて、他の選手名鑑にはないコンテンツもいくつかありました!

最後のページに「プロ野球予想メモ」という順位と個人タイトルの予想を書き込めるページがあるので、シーズン終了後の答え合わせが楽しみな1冊です!

スポニチプロ野球選手名鑑 2019

小さくて薄く、持ち運びに便利な選手名鑑です。

選手情報の文字は大きめで見やすいですが、顔写真は小さく少し見づらいです。

また、監督・コーチ陣の顔写真は、監督のみ掲載されています。

各チーム、選手情報の最後に「メインマスコット」も掲載されています!

プロ野球12球団全選手完全名鑑 2019

小さくて薄く、持ち運びに便利な選手名鑑です。

最初のページには、大瀬良大地投手のインタビューが掲載されています。

チームページの最初に、そのチームの全選手のリスト、選手が掲載されているページが載っていて選手が探しやすかったです。

また、審判名鑑では、審判員の顔写真も掲載されています。

プロ野球全12球団選手名鑑2019

1つ前で紹介した選手名鑑の、サイズが大きいバージョンです。

最初のインタビューは秋山翔吾選手でインタビュー内容は違いますが、選手の紹介は1つ前の選手名鑑と同じ内容になっています。

1軍本拠地の紹介が、写真とイラスト付きで座席の値段までわかりやすく、2軍本拠地や地方球場も掲載されているなど、球場の紹介が充実しています。

2019プロ野球選手写真名鑑

小さくて、持ち運びに便利な選手名鑑です。

本のサイズは小さいですが、顔写真、文字が大きく選手の情報は見やすいです。

球場紹介では、イラストと番号付きで席ごとの金額がわかりやく紹介されています。

2019プロ野球全選手カラー写真名鑑&パーフェクト DATA BOOK

今回購入した中では、1番大きいサイズの選手名鑑でした。

「パーフェクト DATA BOOK」ということで、個人のデータが詳しく掲載されていますが、内容が小さく掲載されていて少し見づらいなという印象です。

また、主力選手のみデータが掲載されているので、主力組とその他で選手が分かれていて探しにくかったです。

「日別の選手誕生日一覧」「日本人メジャーリーガー図鑑」など、他の選手名鑑にはない独自のコンテンツがあります!

2019 プロ野球全選手カラー写真名鑑号

サイズは少し大きめです。

週間ベースボールの増刊号なので、選手名鑑というよりも、コラムや特集などの読み物がメインになっています。

選手名鑑のページに関しては、顔写真・文字が小さく、1ページに載っている選手の数も多いため、少し見づらいなと思いました。

コラムや特集などの読み物を目当てに購入するのはいいかもしれませんが、選手名鑑目当てでの購入はあまりオススメできません。

2019球界マネー事情 & 12球団新加入選手カラー写真名鑑

こちらも週間ベースボールの本で、「新加入選手」のみの選手情報が掲載されています。
上記同様、コラムや特集などの読み物がメインですね。

Amazonなどで口コミを見ていると、通常の全選手が掲載された選手名鑑と勘違いして購入された方もいるようです。
(筆者も勘違いして購入してしまいました…)

新加入選手については必要最低限の情報が書かれています。

タイトルにもある「球界マネー事情(選手の年棒のことなど)」については詳しく書かれていて、おもしろい内容でした!

選手の年棒について、詳しく知りたい方にはオススメの本です。

プロ野球選手名鑑の比較一覧表

画像 12球団全選手カラー百科名鑑2019 スポニチプロ野球選手名鑑 2019 プロ野球12球団全選手完全名鑑 2019 プロ野球全12球団選手名鑑2019 プロ野球カラー名鑑2019 プロ野球オール写真選手名鑑 2019 2019プロ野球選手写真名鑑 2019プロ野球全選手カラー写真名鑑&パーフェクト DATA BOOK 2019 プロ野球全選手カラー写真名鑑号 2019球界マネー事情 & 12球団新加入選手カラー写真名鑑
価格1,069円450円380円930円530円980円500円980円490円510円
サイズ21×14.8x1cm(大きめ)14.6x10x1cm(小さい)14.8×10.6×1.5cm(小さい)21×14.8×2.5cm(大きめ)14.8×10.5x2cm(小さい)25.6x18x1cm(大きめ)14.6×10.1×1.6cm(小さい)29.7x21x2cm(大きい)25.2×17.6×1.8cm(大きめ)25.7x18x1.9cm(大きめ)
特徴情報の強弱が少なく、見づらい持ち運びに便利。顔写真が小さめ。持ち運びに便利。審判員の顔写真が掲載されている。大きめのサイズで球場の紹介が充実している。ポケットサイズの中では文字も顔写真も大きく見やすいデータが豊富。データ野球入門としてもオススメ持ち運びに便利。文字も顔写真も大きく見やすい。他の選手名鑑にはない独自のコンテンツが多いコラムや特集などの読み物がメイン新加入選手のみの選手情報掲載
リンク Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon
楽天市場
Amazon

まとめ

どの選手名鑑にも、選手の情報や公式戦の日程など必要最低限の内容は掲載されています。

「持ち運びに便利」「データ量が豊富」「独自のコンテンツを展開している」など、選ぶ基準はさまざまあるのではないかと思います。

今回は「持ち運びのしやすいプロ野球カラー名鑑2019「データ量が豊富なプロ野球オール写真選手名鑑 2019を筆者が実際に読んで、オススメの選手名鑑として紹介させていただきました。

今年の選手名鑑購入の参考にしていただければ幸いです!